振り返りとかゴミ

日々の出来事や鬱憤を、全然全裸で好き放題綴っていくんだなぁ たか (筋トレのパーソナルトレーナー、させてもろてます(^^)ホッコリ)

家のゴミ置き場が火力が圧倒的過ぎて、手が付けられない件

諸君、私だ。

ゴミだ。

 

f:id:HTNbrog:20180920220705p:plain

 

最近、友人とルームシェアすることが

決定し、引っ越しをする予定なのだが、

嬉しい反面、今住んでいる部屋が

名残惜しくなってきた。

 

今回はそんな我が家にまつわる、

忘れられない出来事について話したい。

 

我が家について特筆すべき点と言えば、

圧巻の民度の低さであろう。

 

その民度の低さと言えば、

他の追随を許さない。

 

地方トップクラスの実力は、

確実に有していると言ってもいい。

 

※玉竜旗全国低民度大会があれば、

確実に私の家は大将クラスだ。

 

私一人で対戦相手を、

ほぼ5人抜きできる自信しか無い。

 

※玉竜旗とは、

西日本新聞社と九州剣道連盟が主催する、毎年7月下旬に福岡県福岡市で開催される高等学校剣道大会であり、高校剣道界の3大タイトルの1つである。
福岡市博多区のマリンメッセ福岡で、毎年7月下旬に開催される。

5人制の勝ち抜き・トーナメント方式で行われる団体戦であり、大会中のポジションチェンジ(オーダー変更)が認められない。
そのため、「誰を、どう配置するか?」という、「知力」と「武力」の両方を求められ、「有力な軍略家」と「強靭な武人」が揃わないと到底優勝など出来ない大会である。

一方で、武神と呼ばれる「龐煖(ほうけん)」や「愚地独歩(おろちどっぽ)」といった圧倒的に強すぎる「個の力」がある場合、5人抜きが見られることもあるため、やはり「武」の方が重要な気がしてきた。

なお、『そもそも、何故「玉竜旗」で例えたのか?』という問いには、お答えすることはできない。

 

f:id:HTNbrog:20180917231939p:plain

 

ライバルは、

日本唯一のスラム街・大阪府西成区か、

東京最大の歓楽街・新宿区歌舞伎町のみ。

 

f:id:HTNbrog:20180916212557j:plain

 

この不動の2トップには劣るだろうが、

それでも遥かに高い「低民度力」を有している。

 

最近、それを象徴する事件が勃発した。

それについて語っていきたい。

 

まず、私の家のステータスから見ていこう。

 

〇我が家ステータス

・形態:アパート

・立地:最寄り駅徒歩20分、コンビニ徒歩6分

・間取り:1K、6畳半、1押し入れ、トイレ・風呂共同

・物件:「マンイーター(人喰い部屋)」と言われる、事故物件

・部屋:1階南向き目の前がゴミ置き場と駐輪場。洗濯物に被害を受けている。

・壁:隣の住人が、「でかい屁かましてきたなぁ~」・「セックスしとんけ?」と認識できるほど薄い

・天井:非常に薄く、毎夜25:00に上の部屋から、謎の「ヴヴヴヴヴヴヴヴ」という音が大音量で奏でられる。

 

さて、この部屋何が問題かというと、

目の前がゴミ置き場ということもあって、

窓を開けるとゴミが臭いのである。

 

それは最近改善されたが、もうどえらかったのだ。

 

ゴミ袋からゴミが散見し、私の鼻を殺しにくる。

 

そのゴミに引き寄せられたカラスが、さらに荒らす。

 

そして、その散らばったゴミで道が出来ている。

ゴミロードが竣工する。

 

そして、誰もそれを処分しないのだ。

ゴミロードの上をチャリで走り抜けていく、

ゴミのロード(君主)達。

 

問おう、貴方がゴミのロード(君主)か?

ー いや、ちゃいますねぇ...

 

f:id:HTNbrog:20180916212636p:plain

 

本当に、どれだけ苦痛か…体感してほしい。

想像してくれ、こんな気分だ。

 

目覚まし時計:

「ジリリリリリリッ」

 

鷹:

「ガチャッ!(目覚ましを止める音)」

「ふぁ〜…あぁ...さて、今日も良い朝だ…」

 

カーテン:

「シャーッ」

 

窓:

「カラカラカラ」

 

ゴミ:

f:id:HTNbrog:20180920220859j:plain

「あ、おはようございま〜す!」

 

鷹:

「くっさっ!殺すやで!」

 

こんな感じだ。

テロとしか思えない。

 

また、私は一階に住んでいる。

駐輪場が部屋の窓を開けて1メートル先にあり、

洗濯物に住民がぶつかっていくのだ。

 

そうすると、チャリで駆け抜ける際、

洗濯物が地面に落ちる。

 

そして、落下先には敷き詰められたゴミ...

そうだ、ゴミという、”爆撃地雷魔法”が、

既に設置されている。

 

アインズ様:

「すまないなぁ管理人...そこは...

“トリプレッド・マキシマイズマジック・

エクスプロード・ゴミ・マイン”が

仕掛けてあるんだ...」

f:id:HTNbrog:20180917125913j:plain

 

管理人鷹:

「くさすぎぃ!!」 

 

仕掛けられたマイン(地雷ゴミ)の上に

落下することで、どうなるのか?

簡単だ...洗濯物がゴミと化すのだ。

布の終わりを告げるのだ。

 

私の部屋はこんな調子だ。

「イエス ゴミ・ロード」

とも言いたくなる。

 

f:id:HTNbrog:20180916212659j:plain

  

これだけでは終わらない。

ゴミの腐敗が加速しており、

追加でカラスがガンガン召喚される。

 

なぜガラスが増えるのか...

そういう術師がいて、

そういう術式を仕組んでいるからとしか思えないが、

奴らの増殖速度は、ゴキブリの初速を超える。

 

奴らは脅威だ。

頭が良く、数の暴力を行使してくる。

そして、なんといっても五月蠅い。

 

この前、近くの公園で子供に、

挨拶されているのを見たくらいだ。

 

カラス…いや、カラス殿は、

完全に「町内無双」をし始めている。

 

なんてことだ...まるで足りていない...

そう。元人間の「ゴミ」から見ても、

今の町内は「危機感」が全く足りていない。

 

f:id:HTNbrog:20180630012711j:plain

 

また、滑り台を滑って遊んでいるのも目撃した。

道具を利用するのは、ヒト科に与えられた

特権であるにもかかわらずだ。

 

これは、カラスの「進化」であると同時に、

完全に禁手(バランス・ブレイク)を使用している。

近い未来、確実に奴らは人間に仇を成すだろう。

 

そして、窓を開けると、

そんなサモンされたカラスがすぐ目の前にいる。

カラスと私の目が合う。2人は視線を逸らさない。

 

こうして、

2人の視線が交差するとき、物語は始まる...

 

鷹:

「朝から鳴いてんちゃうぞ!!死ねコラァ!」

 

カラス:

「(^^)ン?…...(^^)/バサバサバサッ」

 

物語は終わりを迎えた。

 

奴らは賢い。

キチガイには近寄らず避けるという、

英才教育を受けているようだ。

 

お、もう1匹やってきたようだ。

2人の視線が再び交差し、また物語が始まる。

 

鷹:

「さっきの奴は逃げてったのに、

お前は、ええ度胸しとんなぁ。

......オラァ!(殴る振り)」

 

カラス:

「(´・ω・)フム…...(^^)ニッコリ...トコトコトコ」

 

物語は終わりを迎えた。

 

奴らは賢い。

「俺たちが強者だ」という自信があるからこそ、

キチガイを相手にしないよう英才教育を受けている。

 

常にフォーマンセル(四人一組)以上の、

個体数で行動しているだけはある。

あいつらの師は相当優秀な忍に違いない。

 

こうした騒動も、突然終わりを告げた。

ゴミが回収されたのだ。

 

ゴミロードも撤去され、

少し「ロード・ロス」が発生し、

虚しかったくらいだ。

 

この現象を例えれば、

新進気鋭のIT社長に、

石原さとみをロスされたようなものだ。

 

f:id:HTNbrog:20180923181352j:plain

 

さらに例えるならば、

石原(旧姓:荒井)まき子に、

石原裕次郎をロスされたようなものだ。

 

f:id:HTNbrog:20180923181326j:plain

 

あのカラスも元気にしていれば良いが…

おい、次会うたら、ほんまどつくからな

 

 

管理人  鷹