振り返りとかゴミ

日々の出来事や鬱憤を、全然全裸で好き放題綴っていくんだなぁ たか (筋トレのパーソナルトレーナー、させてもろてます(^^)ホッコリ)

漫画ソムリエ80段の私が、諸君らに最高の漫画を紹介しよう(1)

諸君、私だ。

ゴミだ。

 

f:id:HTNbrog:20181219141657j:plain

 

今回の記事は、私が「こんな人間はの漫画を読むべきだ!」と傲慢かつ自己満足的に紹介していく記事だ。

尚、おもしろさはそんなにないため、笑いたい奴は飛ばしてくれw

(先週の続きを公開しようとしたが、書く暇がなかった。許してくれ( ˘•ω•˘ ))

※先週の記事はこちら↓

htnbrog.hatenablog.jp

 

 

おそらく、この記事はシリーズ化し、「記事・オブ・ザ・イヤー」を受賞するだろう。

そして、確実に圧倒的なPV数...2PV以上は記録することとなるだろう!!

 

 

さて、ことの発端は、一般的に私が漫画好きだと言われていることから始まる。(あと、最近ネタが尽きてきたんやでwww)

やはり漫画は最高のコンテンツだ、漫画の話をして仲良くできなかった奴はいない。

 

 

ただ、このブログでもサブカル好きが広がったせいか、最近言われるのだ。

「オススメの漫画やアニメを紹介してくれっ!!」と。

 

 

まあなんだ、私も好きだぞ?漫画の話をするのが。

相手の知らないことを圧倒的な熱量をもって、ベラベラと語り倒す。

相手が「もう十分やで(^^;」という顔をしている、しかし私は話を止めない。

そして、その顔がさらに私の感情を揺さぶり、話を加速させる。

 

 

その時の私のうざさと言えば、正直他の追随を許さないだろう。

何故なら加減を知らないからだ。

言うなれば、相手が降参しているにも関わらず、馬乗りになってどつきまわすキレた奴だ。

 

 

「はじめの一歩」で言う、Jライト級タイトルマッチの間柴了vs沢村竜平を想像していただければわかりやすいかもしれない。(73~75巻参照)

 

 

そのキレた私の姿を振り返って思い出した、私の使命を。

そうだ、私は他人の役に立ちたいんだ...

思い出した...私は...世界を平和にするために...生まれて来たんだ...

そのためにすべきことは...発信することだ...

何をだ?決まっている...おちんちんについてだぁぁぁあああ!!

 

 

すまない、話がずれた。

要は、日々に刺激が足りなくて、漫画をお勧めされたい諸君らに向けて、とにかくゴリしこで漫画紹介記事を書いていく。

 

尚、基本的には圧倒的独断評価だ、うざかったら流してくれ。

では、記念すべき第一作目だ、心してかかってこいやっ!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

〇紹介漫画ステータス

(各ステータスの数字は10段階評価)

・漫画名:バトルスタディーズ

・創造主:なきぼくろ

・発行日:2015年4月23日発行(現在既刊17巻)

・ジャンル:野球漫画、青年漫画

・出版社:講談社

・掲載誌:モーニング

・レーベル:モーニングKC

・ストーリーの面白さ:10

・画力:6

・感動:10

・各キャラクターの魅力:10

・読みやすさ:7

・独創性:8

・お笑い度:9

・エロ度:1

 

 

〇読むべきターゲット

・年齢層:20~24歳

・職業:サラリーマン、体育会系(強豪校)、社長

・地域:特に関西人読め

・性別:圧倒的に男

・武力:有していても、有していなくても読め

・学歴:関係なく読め

・以下に該当するやつとか特に読め

理不尽を経験したことがない甘ったれたゴミ(おい...お前やぞ...)

関西弁が好きなゴミ

最近心が廃れて、勢いを失っているゴミ

鬼の努力を投下したにも関わらず、成果が出ずに挫折しまくっているゴミ

自分の好きな奴としか仲良くできない、こだわりの強いゴミ(ワイのことやでっ!)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、本の紹介に入ろう。

 

 

この本は、元PL球児が描く超リアル高校野球漫画だ。不祥事だらけだった、PL学園出身者が、自身の体験をもとに書いている。

昔の超ゴリゴリの体育会系の名残が残った、懐かしい作品と言える。

私もこの作品ほどではないが、中学校時代のキツイ部活経験を思い出したほど、心を揺さぶってくる作品だ。

あの俺をよくどついた先輩と顧問マジゆるさねぇ...

 

 

あらすじとしては、甲子園優勝候補に毎度名を連ねる、大阪の超名門校に入学した主人公とその仲間たちの成長物語だ。

 

 

もちろん入部する仲間たちは、全国でも有名なハイパープレイヤーだ。

上級生等、上には上がいるものの、それでも初期スペックは最強の主人公とその同級生たち。

いうなれば、入学初期スペックは最強の俺TUEEE系...

サッカーで例えると、「転生したらクリロナだった件」みたいなものだ。

 

f:id:HTNbrog:20181219141908j:plain

 

実際、この漫画は、序盤では主人公とそのチームが無双する。やはり、名門なだけあって、その実力を遺憾なく発揮している。

序盤終わりぐらいでは、紆余曲折を経ながらも、最大のライバルチームを倒し、最高の感動をもたらしてくれる。

 

 

登場キャラも全て魅力的で非常に立っている。

特にチームの最高学年3年生は格好よすぎやでぇ!

 

 

あと、ギャグが面白く、関西弁きつすぎw

そこらのギャグマンガよりもレベルが高い。

「太蔵もて王サーガ(たいぞうモテキングサーガ)」という最高峰のギャグマンガには負けるが、ギャグマンガでなくこの面白さは最高だ。

 

f:id:HTNbrog:20181219142125j:plain

 

しかし、この物語最大の面白さは、「俺強すぎぃ!」の無双成功シーンではない。

この物語の神髄は、「これほど実力があっても、こんなにも理不尽を経験するのか?」という様々な壁にぶちあたるところにある。

 

 

そもそも成功を前提とされる球児たちだが、中身はまだ16~18歳。

そんな彼らが、将来プロ入り集団ともてはやされて、観客から「勝って当たり前」以上のパフォーマンスを入学してから求められ続ける。

そんな彼らに背負わされるも期待はあまりにも重く、彼らはその重圧に潰されそうになりながらも日々闘っている。

その重圧が、彼らの人間関係に日々を入れることなど日常茶飯事だ。

 

 

上記以上にまだ盛りだくさんだ。

まるで相撲部屋や軍隊のような上下関係、しごき・体罰は当たり前で、大人でも逃げ出すレベルだろう。

特に一年生の苦しさはどえらく、何人も脱落者が出る始末...

(後にその環境・体制が甚大な問題へと繋がるのだが....)

その中で、全員寝る間を惜しんで練習し、苛烈なレギュラー争いを闘い抜いている。

 

 

そう、本当に「ここまでやるのか」というところまで、自分を追い込んでいるのだ。

そのストイックさに、何度勇気づけられたかわからない。

 

 

しかし、それだけやっても、「勝てない・優勝が出来ない」というもどかしさ...

 

f:id:HTNbrog:20181219142942j:plain

 

期待を勝手に裏切られたと勘違いする周囲からのバッシング・嘲りをくらい倒し、彼らは非難に晒される。

まじ周囲のやつらうぜぇ...

 

 

そして、うまくいったと思ったら、甚大な問題が発生し、彼らの芽をとことんまで摘んでいく。

発生する問題は、まさに理不尽...

そして、その理不尽が一気に彼らをどん底まで叩き起こす。

 

f:id:HTNbrog:20181219143013j:plain

 

これまでの彼らの積み重ねが生み出したものかもしれないため、彼らは一切悪くないとは言えない。

まさに、これまで隠していたチームの闇や個人の闇が露呈した結果に生じた問題だからだ。

ただ、それを考慮しても尚、「これはあんまりだ...」と思えるほどの壁とぶつかるのだ。

まさに超えようがなく、天誅・理不尽が彼らを容赦なく襲いかかる。

 

f:id:HTNbrog:20181219143313j:plain

 

そんな理不尽と彼らは....

おっと、これ以上語ると面白くないので、この辺りにしておこう。

 

 

毎日一生懸命に生き抜こうとする彼らの物語を、是非とも体感してほしい。

そして、あわよくば彼らの成長を見届ける証人となってほしい。

 

www.amazon.co.jp

 

それでは、以上だ。

今からオナニーにするんやで(*´ω`*)

 

 

P.S.1

一切ボケがなくてすまないw紹介記事はこんな感じでいくw

 

 

P.S.2

次週こそ、先週の記事「ぼくのなつやすみ1」の続きを書く、待っていてくれw

 

 

管理人  鷹