振り返りとかゴミ

日々の出来事や鬱憤を、全然全裸で好き放題綴っていくんだなぁ たか (筋トレのパーソナルトレーナー、させてもろてます(^^)ホッコリ)

ぼくのなつやすみ1:第三の性邂逅篇

諸君、私だ。

ゴミだ。

 

f:id:HTNbrog:20181204150559j:plain

 

諸君らは近頃どうお過ごしだろうか。

最近と言えば、ニューハーフの飲み会現場を見た。

 

 

爽快な挨拶をかまし、楽しそうなニューハーフ達。

一発ギャグか何かわからないが、新鮮な挨拶だった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ニューハーフ:

「みなさ~ん、それではグラスを手に持って~!!」

「いっちょめ(一丁目)、にちょうめ(二丁目)、はっちょうめ(八丁目)~っ!!」

 

その他:

「フ~~~!!フワッフゥワッ!!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「なぜ、三丁目と四丁目を飛ばしたのか?」といった疑問が生じたが...

いや、今回はそこは本題ではない。

 

 

ニューハーフを見て思い出したのだ、若き青春を...

今回は、そのニューハーフに纏わる物語を話したい。

 

 

季節は夏…

失われた童心を求めてたくさん遊んだ、一末の淡い思い出...

ぼくのなつやすみ:第三の性(ニューハーフ)邂逅篇」の始まりだぁ!!

 

 

今回の登場人物は、私のブログでたびたび紹介されている「ユダ君」と「PM」だ。

 

※ユダ君に関する記事はこちら

htnbrog.hatenablog.jp

 

 

※PMに関する記事はこちら

htnbrog.hatenablog.jp

 

 

今年の夏の長期休みの間に、彼らと旅行に行こうという話になった。

そこで、去年に大学の卒業旅行時にお邪魔したPMの実家に、再度行くこととなった。

 

 

PMの実家は熊本県にあった。

私も大好きな「夏目友人帳」という大人気作品の舞台となった場所が故郷であり、非常に自然豊かな場所であった。

 

f:id:HTNbrog:20181204150950j:plain

 

空気が文字通り旨く、目の前にはのどかな畑や田んぼの光景。

現地到着後、文字通りはしゃぎ倒した。

山、川といった全ての自然物に肉体を預け、あの時の私は自然と一体化していたといっても過言ではない。

 

 

言うなれば、あの時の私は「ほぼ自然」と同格。

いや、「もう自然」といった方が語弊がないだろう。

中学生とほとんど同等の存在とされる、「もう中学生」と同格の存在と思ってくれていい。

 

 

仮に「自然度」という%指標を用いて説明するならば、99%の自然度・1%の肉欲度で構成されていたほど、自然を満喫していた。

 

 

こうして、自然豊かなPMの実家を満喫したが、「もっと自然を満喫したい!」と我々は思った。

「まだだ...まだ自然はこんなもんじゃねぇ...」と、自然を渇望していたのだ。

 

 

しかし、時刻は夜を迎え、ユダ君は疲れ果てて寝てしまった。

しょっぱい奴である。

私とPMで模索する、どうすればもっと自然と一体化できるかを。

 

 

そう、私とPMは更なる自然を求め続けた...

何度も何度も自問自答し続けたのだ...

 

 

その果てに在った答えとは、「デリバリーヘルス」を召喚することであった。

ちなみにこの時の我々は、0%の自然度・100%の肉欲度。

つまり、ただの「性獣」である。

そういった意味では、100%の獣、つまり「完全体自然」なのかもしれない。

 

 

高ぶる気持ちを抑えながら、最高のデリヘルを見つけた私とPM。

いつも、なぜか風俗を利用する時にファーストコールをさせられる私だが、今回は快く引き受けられた。

 

 

さぁ...電話をかけようじゃあ…ないかぁ...

勝負を決めるファーストセッションが、今火蓋を切って落とされるっ!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

鷹:

(電話音:プルル、プルル)

あ、すんませーん、「風俗じゃぱん」を見て電話しました~。

 

f:id:HTNbrog:20181204151149j:plain

 

デリヘル:

ありがとうございまーす!!

コースはどうしましょう?

 

 

鷹:

60分でお願いできますか?

指名は特にないです、フリーで。

 

 

デリヘル:

かっしこまりました~!

それでは、13000円になりまーす!

 

 

鷹:

あ、相談なんですが、友達をあと二人連れていけそうなんですね。

そこで、説得して連れて行くので、安くしてもらえたりできませんか?

 

 

デリヘル:

ありがとうございます!

ただすみません、3人だとちょっとお時間かかりまして...

1時間ほどお待ちいただきます。

あとすみません...3人のうち一人がニューハーフでよければご案内できます。

料金は1万円ぽっきりにさせて頂きます。

 

 

鷹:

ちょっと相談します、待ってください。(電話保留)

なあPM、なんか、一人ニューハーフ来るらしいわ、いけるよな?

 

 

PM:

まあ...いけるな...

 

 

鷹:

おk

(電話保留解除)すんませんお待たせしました!

大丈夫です!たまたま、一人ニューハーフ担当している奴を抱えてますので!

 

 

デリヘル:

ありがとうございます!

それでは、一時間後ホテル「セブン」に来てください!

失礼します(ガチャッ)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こうして、風俗が行きが確定した。

では、確定した今何をすべきか?

ユダ君を眠りから叩き起こすことだ。

 

 

さて、眠りについたユダ君を叩き起こすのは相当厄介だ。

その上、勝手に風俗行きを強行したため、タフな交渉が必要だ。

以下がその交渉の現場であった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鷹:ユダ君、起きてや。

今から風俗いくで。

 

 

ユダ君:

....え??マジで言ってんの?

ねみぃんだけど...

 

 

鷹:

おん。行きたがってたやんか?

あと、すまんユダ君。

めっちゃ交渉したんやけど...どうしても今夜のユダ君の相手がニューハーフという事象を、避けることがでけへんくて...

俺らの力不足で申し訳ないが、捌いたってもらえるか?(^^)

 

 

PM:

すまんなユダ君(^^)

 

 

ユダ君:

いや、すまん、全く行きたがってないけど...

あと、ニューハーフを相手する事象って何?

 

 

鷹:

すまん...

 

 

PM:

すまん...

 

 

ユダ君:

いや、ほんとまってw意味がわからんw

え、ほんとに言ってる?俺が?金払いたくねぇよ!!

お前らのどっちかが担当しろやぁ!(; ・`д・´)

ぜってぇやだかんな!

 

 

PM:

過去の実績からも、このミッションを成功させられるには、ユダ君しかいてないのに...

 仕方ない...か...

 

 

鷹:

せやな...もうお断りの電話いれるしかない...か...

お店の人に、「すみません、担当が『今日は捌き切れるコンディションじゃない。』と、2流のAV男優みたいなこと言うてて...」って伝えなあかんようや...

思い出...作りたかったんやけどな...

ここで...降りる奴やとは思わんかったわ...

 

 

ユダ君:

いや、もうそういうノリほんとやめてw

ちょ、わかった、考えさせて...くぁ~...

わかった...行くよっ!!

うわ、まじかよ...なんで金払って漢抱かなきゃいけねぇんだよ...

 

 

鷹:

ありがとうなんやでっ(*´ω`*)

 

 

PM:

ユダ君ありがとう(^^♪

 

 

ユダ君:

こいつらまじでwwwwwwww

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こうして、タフな交渉を終えた我々は、戦場へと向かう。

 

 

股間を熱くイキり勃たせながら、戦場に向かう。

さらにギンギンにさせるために、コンビニでレッドブルを購入した。

アルギニンやカフェインの効力で、最高潮に股間を持っていく。

 

 

バチバチに磨き上げられた我々は、一歩一歩しっかりと踏みしめて戦場へ向かう。

戦場に向かう間、周囲がやけに静かだった。

 

 

これは、戦が始まる前の静けさ。

津波(アクア・ラグナ)が来る前の、穏やかな海のような状態。

 

f:id:HTNbrog:20181204151322j:plain

 

そう、予感しているのだ。

これは過去最高峰の闘いになると。

実際ユダ君も感じているのだろう、自らに課される試練の大きさに。

 

 

その試練大きさ故か、顔つきが少し研ぎ澄まされていた。

彼の顔の形は、飲み物を入れる「ピッチャー」のような形をしているが、「電器ポットのような形」へと鋭さを増していた。

 

 

股間に関しては、さらにどえらいことになっている。

星が瞬き、月も非常に明るいため、ユダ君の股間の聖槍「ロンギヌス」は過去最高の火力を誇っていた。

もはや、「ロンギヌス」を超えた槍へと進化したといってもいい。

 

 

当然だろう、「女性を貫く」のではなく、「漢を貫く」のだから。

しかも今回はこれまでの、合コンから口説くといった行為を必要しない。

そう、「漢を貫く」という事象が確定しているのだ。

つまり、必要なのは、その事象を実現させるための強靭な股間である。

そのために、股間が進化する道を選ぶというのは当然と言ってもいいだろう。

 

 

そうだ、今宵にしてユダ君は得たのだ...因果逆転股間を。

ユダ君の股間は、性槍「ロンギヌス」から「刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク)」へと進化したのだ。

 

f:id:HTNbrog:20181204151905j:plain

 

因果逆転とは、

「先に実現されるであろう『結果』を作り上げてから、その結果に必要だったとされる行動といった『原因』を引き寄せることができる」という、チートスペックである。

上記ユダ君のゲイ・ボルクという槍(男性器)は、まさに因果逆転の性質を有している。

つまりは、「女性器に槍(男性器)が挿入されたという結果」を作り上げてから、「槍(男性器)を放つ」という因果の逆転現象を起こすことができる槍である。 
既に『女性の股間を貫いた』という結果を起こしてから「槍を放つ」ため、槍の軌道から身を避けても意味がなく、必ず命中する。

股を全力で閉じようが、パンツを履いていようが関係が無い。
ユダ君が「槍(男性器)を放った」時点で、必ずユダ君の槍が女性の股間を貫く。
パンツごと貫く。これが、因果逆転の股間である。

尚、この因果逆転の股間を成立させるためには、結果を詠唱する必要がある。そのため、「穿つ(うがつ)は女性器、狙いは必中...」という詠唱を彼の口から聞いた場合、因果逆転が発動したと判断できる。

 

f:id:HTNbrog:20181204151832j:plain

 

さて、長くなりそうなので、今回はここまでにしておこう。

次回では、戦争内容と後日談について語っていきたい。

 

 

管理人  鷹